婦人

妊娠線は無くせる時代|クリーム1本で解決!

一品で何役も活躍

化粧品

時短をしたい方の工夫のアイテムとしてオールインワンゲルがオススメで、化粧下地効果があるのでゲルを塗ったあとにそのままファンデーションを乗せることが出来ます。大量に仕入れを行い低価格で販売しているお店もあり、その安さに人気が集まっています。

読んでみよう

若返りに嬉しい成分

鏡を見る婦人

フラーレンは、昨今、アンチエイジング化粧品に配合されていて注目されている成分です。フラーレンには、老化を引き起こす活性酸素をスポンジのように吸い取る作用があります。そのため、シワ、たるみ、シミなどの老化現象を予防できます。

読んでみよう

大人気のメイクアイテム

女性

オンリーミネラルは、化学成分を使用せず、ミネラル豊富な成分で作られている人気のファンデーションの種類です。クレンジング剤がいらないというメリットの他、敏感肌や乾燥肌の人にとっても優しく、軽い着け心地が実感出来るのも魅力の一つです。

読んでみよう

一度できたら戻らない

クリームを塗る妊婦

妊娠したらすぐにケア

女性は妊娠すると体が劇的に変化を遂げます。女性ホルモンの分泌が盛んになり、そのために妊娠初期につわりに襲われる妊婦は少なくありません。つわりは個人差がありますが、食べ物の好みがかわったり、吐き気やおう吐で食べ物を受け付けなくなるなどの症状が現れます。つわりは安定期に入る頃に落ち着くことが多い為、つわりの時期には食べられるものを食べられるだけとるように心がけ、無理をしないようにしましょう。つわりが終わると安定期に入り、胎児がどんどんと成長する時期になると、妊婦の食欲も旺盛になります。しだいに体重が増え、食欲も旺盛になると気になるのが妊娠線です。妊娠線は妊娠して急激に体重が増えることで起こる症状です。

保湿して皮膚をやわらかく

急激な体重の増加により、お腹や太もも・二の腕などに脂肪がつくと皮膚が急激に引っ張られます。それにより皮膚に裂け目ができ、妊娠線と呼ばれる線が現れます。この線は一度できてしまうと、出産後も跡になって皮膚に残ってしまいます。妊娠線を予防するためには、妊娠がわかった頃から行う予防クリームなどを使うことです。急激な体重増加は妊娠中は仕方がないことです。しかし、お腹や太ももなど、全身の皮膚をクリームなどを使用して保湿し、やわらかくすることで妊娠線はある程度避けることができます。入浴後などにクリームやジェルなどの保湿剤をぬりこみましょう。妊婦専用のクリームも発売されています。お腹や太もも・二の腕・お尻などにクリームを優しく塗ることで、皮膚の割れを避けることが出来ます。